Ken McIntyre ‎– Year Of The Iron Sheep (United Artists Records ‎– UAJS 15015) stereo
54a528693bcba985cf0005f3 54a528693bcba985cf0005f3 54a528693bcba985cf0005f3

Ken McIntyre ‎– Year Of The Iron Sheep (United Artists Records ‎– UAJS 15015) stereo

残り1点

¥6,900 税込

送料についてはこちら

発売年: 1962年 国:US アーティスト:ケン・マッキンタイヤー レーベル:United Artists Records - UAJS 15015 ジャンル:Jazz グレー サックスプレイヤー (Gray label with large saxophone player logo) オリジナル盤 幻の名盤としても知られる、ケン・マッキンタイヤーのオリジナル曲を中心としたマッキンタイヤー代表作。曲によってカルテット(4人)とクインテット(5人)と編成を変え、メンバーも変えている。とにかくスウィングする"Five SWINGING Stars"(5ツ星)アルバム。 "Say What"は哀愁のメロディを持つ5拍子の傑作。ドラムのフリーソロを入れることを目的に作った"Cosomos"(B2)、フィラデルフィアのラジオステーション96.5 FM.のために作った"96.5"(B1)、マッキンタイヤーの繊細なフルートが奏でる美しいバラード曲"Someday"(A1)など、その天才ぶりが遺憾なく発揮されている。 なお、タイトル"Year Of The Iron Sheep"はチベットの干支からきており、マッキンタイヤーの生まれた年を表している(1931年 - 鉄のひつじ年)。 マッキンタイヤーはジジ・グライスなどにサックスを学び、ボストン音楽院作曲科で修士号を取得。自己のグループを結成しアバンギャルドの旗手として注目を集め、さらに70年代にマサチューセッツ大学で博士号を取得している。 収録曲: A1 Say What 5:00 A2 Arisin' 10:10 A3 Laura 3:25 B1 96.5 4:10 B2 Cosmos 5:15 B3 Someday 8:47 メンバー: <Quintet> Alto Saxophone, Flute – Ken McIntyre Trombone – John M. Lewis Piano – Ed Stoute Bass – Ahmad Abdul-Malik Drums – Warren Smith <Quartet> Alto Saxophone, Flute – Ken McIntyre Bass – Ron Carter Drums – Ben Riley Piano – Jaki Byard Producer – Alan Douglas Design – Frank Gauna Engineer – Bill Schwartau Photography By – Chuck Stewart コンディション:盤 N-  ジャケット:N- ■コンディションの見方について <盤> N: 新品同様 -------------------------------------------------------------------- N-: ごくわずかなヘアライン(傷)が見られるが、ほとんどノイズはなし。 -------------------------------------------------------------------- E+: 見た目に多少擦り傷あるが、プレイにはほとんど問題なし。 ------------------------------------------------------------------- E: 細かいノイズが入る可能性あり。 ------------------------------------------------------------------- E-: 傷、ノイズはあるが、針飛びはなし。 -------------------------------------------------------------------- <ジャケット> N: 新品同様 -------------------------------------------------------------------- N-: ごくわずかなスレが見られるが、ほとんど傷みがない。 -------------------------------------------------------------------- E+: 少しスレがあり、軽い傷みがみられる。 ------------------------------------------------------------------- E: 若干の裂けや補修跡、しみなどがみられる。 ------------------------------------------------------------------- E-: 痛みが随所にみられる。 -------------------------------------------------------------------- 表記は試聴、目視の上、評価しています。さらに細かい状態を確認されたい方はお電話もしくはメールにてお問い合わせください。

その他のアイテム