Count Basie / Joe Williams ‎– Count Basie Swings--Joe Williams Sings(Clef Records ‎– MG C-678)mono
55330c2e2b349267030005ba 55330c2e2b349267030005ba 55330c2e2b349267030005ba

Count Basie / Joe Williams ‎– Count Basie Swings--Joe Williams Sings(Clef Records ‎– MG C-678)mono

¥3,900 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

発売年:1955年 国:US アーティスト:カウント・ベイシー/ジョー・ウィリアムス レーベル:Clef Records ‎– MG C-678 ジャンル:Jazz スタイル:Vocal, Big band, Swing 黒 トランペッター 両面深溝(Deep Groove)あり オリジナル盤 カウント・ベイシー・オーケストラの専属歌手ジョー・ウィリアムスによるブルースを中心としたスウィンギーなヴォーカルアルバム。ヴァーヴ・レコード(Verve Records)の前身であるクレフ・レコード(Clef Records)の貴重なオリジナル盤。 そして、本作の価値をさらに上げているもう1つの要因はデイヴィッド・ストーン・マーチン(David Stone Martin)のジャケットデザイン。デイヴィッドはレコーディングが始まると素早い手さばきでスケッチをはじめ、演奏を聴きながら構想を練るのが常であり、このジャケットもカウント・ベイシー・オーケストラとジョー・ウィリアムスの熱い演奏がそのままジャケットになったかのような見事なデザイン。 1曲目Every Day (I Have The Blues)のこれぞカウント・ベイシー!!という迫力満点のオープニングがこのアルバムのすべてを物語っており、リズムギターの第一人者フレディ・グリーン(※)の職人技ギターのサウンドも、このモノラルオリジナル盤ではますます際立っている。ジョー・ウィリアムスの18番、Alright, Okay, You Win(A3)も最高。 ※フレディ・グリーン(Freddie Green)- カウント・ベイシー楽団のリズム・セクションの最重要人物。そのプレイは常に正確なリズムと、ベースと非常に調和するコードワークで、カウント・ベイシーのサウンドになくてはならないもの。 収録曲: A1 Every Day (I Have The Blues) Written-By – York, Chatman 5:28 A2 The Comeback Tenor Saxophone [Solo] – Frank Foster Written-By – Memphis Slim 5:30 A3 Alright, Okay, You Win Written-By – Wyche 3:03 A4 In The Evening (When The Sun Goes Down) Written-By – Carr 3:35 B1 Roll 'Em Pete Tenor Saxophone [Solo] – Frank Wess Written-By – Johnson 3:08 B2 Teach Me Tonight Written-By – DePaul, Cahn 3:00 B3 My Baby Upsets Me Written-By – Williams 2:53 B4 Please Send Me Someone To Love Written-By – Mayfield 3:27 B5 Ev'ry Day Written-By – Kahal, Fain 3:40 メンバー: Alto Saxophone – Bill Graham Baritone Saxophone – Charlie Fowlkes Bass – Eddie Jones Clarinet, Alto Saxophone – Marshall Royal Drums – Sonny Payne Flute, Tenor Saxophone – Frank Wess Guitar – Freddie Green Piano – Count Basie Tenor Saxophone – Frank Foster Trombone – Benny Powell, Bill Hughes (2), Henry Coker Trumpet – Joe Newman, Reunald Jones, Thad Jones, Wendell Culley Vocals – Joe Williams Arranged By – Ernie Wilkins (tracks: A1,B2), Frank Foster (tracks: A2 to A4, B3 to B5) Artwork, Design [Cover, Liner] – David Stone Martin Photography By – Herman Leonard Supervised By – Norman Granz 録音: Recorded July 27, 1955 in New York. 1955年7月27日/米国ニューヨーク コンディション: 盤 E+  ジャケット N-(※ジャケット裏に多少の汚れあり) ■コンディションの見方について <盤> N: 新品同様 -------------------------------------------------------------------- N-: ごくわずかなヘアライン(傷)が見られるが、ほとんどノイズはなし。 -------------------------------------------------------------------- E+: 見た目に多少擦り傷あるが、プレイにはほとんど問題なし。 ------------------------------------------------------------------- E: 細かいノイズが入る可能性あり。 ------------------------------------------------------------------- E-: 傷、ノイズはあるが、針飛びはなし。 -------------------------------------------------------------------- <ジャケット> N: 新品同様 -------------------------------------------------------------------- N-: ごくわずかなスレが見られるが、ほとんど傷みがない。 -------------------------------------------------------------------- E+: 少しスレがあり、軽い傷みがみられる。 ------------------------------------------------------------------- E: 若干の裂けや補修跡、しみなどがみられる。 ------------------------------------------------------------------- E-: 痛みが随所にみられる。 -------------------------------------------------------------------- 表記は試聴、目視の上、評価しています。さらに細かい状態を確認されたい方はお電話もしくはメールにてお問い合わせください。電話口にて音を実際に確認頂くことも可能です。

その他のアイテム