Harold Land Quintet ‎– Grooveyard(Contemporary Records ‎– S7550)stereo
575c16c741f8e89e0d002804 575c16c741f8e89e0d002804 575c16c741f8e89e0d002804

Harold Land Quintet ‎– Grooveyard(Contemporary Records ‎– S7550)stereo

¥5,000 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

発売年:1958年 国:US アーティスト:ハロルド・ランド レーベル: Contemporary Records ジャンル: Jazz スタイル: Hard Bop グリーン 両面深溝(Deep Groove)あり オリジナル盤 コンテンポラリー オリジナル内袋付き 伝説のクリフォード・ブラウン=マックス・ローチ・クインテットのテナー・サックス奏者、ハロルド・ランド。ソニー・ロリンズに後任を託してからは、西海岸のハード・バップ・シーンをリードした。本作では、マックス・ローチグループでもよく演奏していたハロルドが大好きな曲"Speak Low"で幕を明け、ハロルドが妻リディアの悲しみを曲にした"Lydia's Lament"(リディアの哀歌)も心に深く染み入る名曲。ハロルドのジャズに対する真摯な想い、情熱が形となった傑作。 収録曲: A1 Speak Low Written-By – Kurt Weill, Ogden Nash 5:36 A2 Delirium Written-By – Harold Land 6:42 A3 You Don't Know What Love Is Written-By – Don Raye, Gene De Paul 3:56 A4 Nieta Written-By – Elmo Hope 4:34 B1 Grooveyard Written-By – Carl Perkins 7:00 B2 Lydia's Lament Written-By – Harold Land 5:46 B3 Smack Up Written-By – Harold Land 7:13 メンバー: Arranged By – Elmo Hope, Harold Land Bass – Leroy Vinnegar Drums – Frank Butler Piano – Carl Perkins Tenor Saxophone – Harold Land Trumpet – Rolf Ericson Cover [Design] – George Kershaw Photography By [Cover Photo Of Harold Land At Watts Towers, LA] – Walter Zerlinden Engineer [Sound] – Howard Holzer, Roy DuNann Liner Notes [May 10, 1958] – Nat Hentoff Producer – Lester Koenig コンディション:盤 N- ジャケット:N- ■コンディションの見方について <盤> N: 新品同様 -------------------------------------------------------------------- N-: ごくわずかなヘアライン(傷)が見られるが、ほとんどノイズはなし。 -------------------------------------------------------------------- E+: 見た目に多少擦り傷あるが、プレイにはほとんど問題なし。 ------------------------------------------------------------------- E: 細かいノイズが入る可能性あり。 ------------------------------------------------------------------- E-: 傷、ノイズはあるが、針飛びはなし。 -------------------------------------------------------------------- <ジャケット> N: 新品同様 -------------------------------------------------------------------- N-: ごくわずかなスレが見られるが、ほとんど傷みがない。 -------------------------------------------------------------------- E+: 少しスレがあり、軽い傷みがみられる。 ------------------------------------------------------------------- E: 若干の裂けや補修跡、しみなどがみられる。 ------------------------------------------------------------------- E-: 痛みが随所にみられる。 -------------------------------------------------------------------- 表記は試聴、目視の上、評価しています。さらに細かい状態を確認されたい方はお電話もしくはメールにてお問い合わせください。電話口にて音を実際に確認頂くことも可能です。

その他のアイテム