Thelonious Monk Quartet ‎– Misterioso(Riverside Records ‎– RLP 12-279)mono
5a6dd0a4c8f22c5cbb00cb52 5a6dd0a4c8f22c5cbb00cb52 5a6dd0a4c8f22c5cbb00cb52 5a6dd0a4c8f22c5cbb00cb52

Thelonious Monk Quartet ‎– Misterioso(Riverside Records ‎– RLP 12-279)mono

残り1点

¥32,000 税込

送料についてはこちら

発売年:1958年 国:US アーティスト:Thelonious Monk レーベル:Riverside Records ジャンル: Jazz スタイル:Bop, Hard Bop ブルー/シルバー スモールラベル 両面深溝(Deep Groove)あり オリジナル盤 1958年夏、ニューヨークの人気ジャズ・クラブで残された歴史的レコーディング。セロニアス・モンク・カルテットが長期にわたって出演していた「ファイブ・スポット」で残した歴史的ライブ。売り出し中のジョニー・グリフィンを迎えたグループがモンクのオリジナルを中心に演奏する。なお、タイトル「misterioso(ミステリオーソ)」とは、「カンタービレ」「マエストーソ」と同様、音楽用語「発想標語」の一つであり、神秘的に奏でよという標語。本作はまさにセロニアス・モンクの神秘が妖しく輝く名盤。 収録曲: A1 Nutty Written-By – Thelonious Monk A2 Blues Five Spot Written-By – Monk A3 Let's Cool One Written-By – Monk B1 In Walked Bud Written-By – Monk B2 Just A Gigolo Written-By – Caesar, Casucci B3 Misterioso Written-By – Monk メンバー: Bass – Ahmed Abdul-Malik (tracks: A1 to B1, B3) Drums – Roy Haynes (tracks: A1 to B1, B3) Piano – Thelonious Monk Tenor Saxophone – Johnny Griffin (tracks: A1 to B1, B3) Design [Cover] – Paul Bacon Producer, Liner Notes – Orrin Keepnews Engineer – Ray Fowler Painting [Cover] – Giorgio De Chirico Recorded at the Five Spot Cafe, New York City, July 9, 1958 & August 7, 1958 コンディション:盤 E+ ジャケット:E + ※本商品は、ゆうパックにて無料送付いたします。配達ご希望日時がございましたら、備考欄にご入力ください。 ■コンディションの見方について <盤> N: 新品同様 -------------------------------------------------------------------- N-: ごくわずかなヘアライン(傷)が見られるが、ほとんどノイズはなし。 -------------------------------------------------------------------- E+: 見た目に多少擦り傷あるが、プレイにはほとんど問題なし。 ------------------------------------------------------------------- E: 細かいノイズが入る可能性あり。 ------------------------------------------------------------------- E-: 傷、ノイズはあるが、針飛びはなし。 -------------------------------------------------------------------- <ジャケット> N: 新品同様 -------------------------------------------------------------------- N-: ごくわずかなスレが見られるが、ほとんど傷みがない。 -------------------------------------------------------------------- E+: 少しスレがあり、軽い傷みがみられる。 ------------------------------------------------------------------- E: 若干の裂けや補修跡、しみなどがみられる。 ------------------------------------------------------------------- E-: 痛みが随所にみられる。 -------------------------------------------------------------------- 表記は試聴、目視の上、評価しています。さらに細かい状態を確認されたい方はお電話もしくはメールにてお問い合わせください。電話口にて音を実際に確認頂くことも可能です。