James Clay & David "Fathead" Newman ‎– The Sound Of The Wide Open Spaces !!!! mono
5af1a8fb122a7d70c5000249 5af1a8fb122a7d70c5000249 5af1a8fb122a7d70c5000249 5af1a8fb122a7d70c5000249

James Clay & David "Fathead" Newman ‎– The Sound Of The Wide Open Spaces !!!! mono

残り1点

¥18,000 税込

送料についてはこちら

発売年:1960年 国:US アーティスト:ジェームズ・クレイ、デヴィッド・"ファットヘッド"・ニューマン レーベル: Riverside Records ‎– RLP 12-327 ジャンル: Jazz スタイル: Hard Bop 小ブルー 両面深溝(Deep Groove)あり オリジナル盤 カットホールあり 50年代にレイ・チャールズのバンドに参加して名声を確立したデヴィッド・ニューマン。そのファンキーなプレイはデヴィッド・サンボーンにも影響を与えており、本作は、彼の数ある作品の中で、最もハード・バップ的な作品で、同じくテキサス出身のサックス奏者、ジェームズ・クレイとのテナー・バトルが中心。当時、マイルス・デイヴィスのバンドにいたウィントン・ケリーも参加している。キャノンボール・アダレイがプロデュースした名盤。 収録曲: A1 Wide Open Spaces Written-By – Babs Gonzales 12:08 A2 They Can't Take That Away From Me Written-By – G. & I. Gershwin 6:26 B1 Some Kinda Mean Written-By – Keeter Betts 6:32 B2 What's New? Flute – Clay Written-By – Haggart, Burke 5:42 B3 Figger-ration Written-By – Babs Gonzales 8:45 メンバー: Bass – Sam Jones Design [Cover] – Ken Deardoff Drums – Arthur Taylor Engineer [Recording] – Jack Higgins Liner Notes – Orrin Keepnews Photography By [Front & Back-liner Photo] – Lawrence N. Shustak Piano – Wynton Kelly Presenter – Cannonball Adderley Producer – Julian "Cannonball" Adderley Tenor Saxophone – Newman, Clay (tracks: A1 to B1, B3) コンディション:盤 E+  ジャケット:E ※上部テープ修正跡あり ■コンディションの見方について <盤> N: 新品同様 -------------------------------------------------------------------- N-: ごくわずかなヘアライン(傷)が見られるが、ほとんどノイズはなし。 -------------------------------------------------------------------- E+: 見た目に多少擦り傷あるが、プレイにはほとんど問題なし。 ------------------------------------------------------------------- E: 細かいノイズが入る可能性あり。 ------------------------------------------------------------------- E-: 傷、ノイズはあるが、針飛びはなし。 -------------------------------------------------------------------- <ジャケット> N: 新品同様 -------------------------------------------------------------------- N-: ごくわずかなスレが見られるが、ほとんど傷みがない。 -------------------------------------------------------------------- E+: 少しスレがあり、軽い傷みがみられる。 ------------------------------------------------------------------- E: 若干の裂けや補修跡、しみなどがみられる。 ------------------------------------------------------------------- E-: 痛みが随所にみられる。 -------------------------------------------------------------------- 表記は試聴、目視の上、評価しています。さらに細かい状態を確認されたい方はお電話もしくはメールにてお問い合わせください。電話口にて音を実際に確認頂くことも可能です。