Sonny Rollins ‎– Sonny Rollins Vol. 2 ( Blue Note ‎– BLP 1558) mono
5d4c2ef84c80642e4196d60d 5d4c2ef84c80642e4196d60d 5d4c2ef84c80642e4196d60d 5d4c2ef84c80642e4196d60d

Sonny Rollins ‎– Sonny Rollins Vol. 2 ( Blue Note ‎– BLP 1558) mono

¥56,018 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

発売日:1957年 国:US アーティスト:Sonny Rollins レーベル: Blue Note スタイル: Hard Bop ブルー/ホワイト 47west 63rd. NYC 両面深溝(Deep Groove)あり 両面耳あり 両面RVG Rなし オリジナル盤 絶好調ロリンズがオールスター・メンバーと共にジャズの醍醐味を発散。創造力のピークに達したロリンズの魅力を余すところなく捉えたアルバム。超豪華なメンバー構成はまさにブルーノートならでは。ソニー・ロリンズを筆頭に、トロンボーンにジェイ・ジェイ・ジョンソン、ピアノにはホレス・シルバーとセロニアス・モンク、ベースにはポール・チェンバース、そしてドラムはアート・ブレイキー。 生き生きとしたロリンズのオリジナル2曲とアルバムのトップとラストを飾るスタンダード2曲では、シルバーがピアノを担当。モンクは自ら作曲のバラード「Reflections」で、モンク作の定番曲「Misterioso」ではモンクとホレス・シルヴァーのピアノ連弾も聴きもの。モンクがいるだけでセッションのムードや気分が大きく変わっているのが興味深い。「Misterioso」のシルバーのソロも隣のモンクを意識してか、どことなく控えめで哀愁を帯びている。一方リーダーのロリンズはそんなことお構いなしに、自信と情熱、素晴らしいアイデアにあふれた演奏を聴かせてくれる。 サキソフォン・コロッサスと同じくオリジナル独特の迫力ある音が素晴らしい。ヘアラインはありますが、スクラッチノイズもほぼ出ない貴重なオリジナル盤。 収録曲: A1 Why Don't I A2 Wail March A3 Misterioso B1 Reflections B2 You Stepped Out Of A Dream B3 Poor Butterfly メンバー: Bass – Paul Chambers Drums – Art Blakey Piano – Horace Silver, Thelonious Monk Tenor Saxophone – Sonny Rollins Trombone – Jay Jay Johnson Design [Cover] – Harold Feinstein Producer – Alfred Lion Recorded By [Recording By] – Rudy Van Gelder Liner Notes – Robert Levin Photography By – Francis Wolff Recorded on April 14, 1957. コンディション:盤 E+ ジャケット E+ ■コンディションの見方について <盤> N: 新品同様 -------------------------------------------------------------------- N-: ごくわずかなヘアライン(傷)が見られるが、ほとんどノイズはなし。 -------------------------------------------------------------------- E+: 見た目に多少擦り傷あるが、プレイにはほとんど問題なし。 ------------------------------------------------------------------- E: 細かいノイズが入る可能性あり。 ------------------------------------------------------------------- E-: 傷、ノイズはあるが、針飛びはなし。 -------------------------------------------------------------------- <ジャケット> N: 新品同様 -------------------------------------------------------------------- N-: ごくわずかなスレが見られるが、ほとんど傷みがない。 -------------------------------------------------------------------- E+: 少しスレがあり、軽い傷みがみられる。 ------------------------------------------------------------------- E: 若干の裂けや補修跡、しみなどがみられる。 ------------------------------------------------------------------- E-: 痛みが随所にみられる。 -------------------------------------------------------------------- 表記は試聴、目視の上、評価しています。さらに細かい状態を確認されたい方はお電話もしくはメールにてお問い合わせください。電話口にて音を実際に確認頂くことも可能です。