Dizzy Gillespie / Sonny Stitt / Sonny Rollins ‎– Sonny Side Up(Verve Records ‎– MG V-8262)mono
5f96a14d3f148d5fff509e14 5f96a14d3f148d5fff509e14 5f96a14d3f148d5fff509e14 5f96a14d3f148d5fff509e14

Dizzy Gillespie / Sonny Stitt / Sonny Rollins ‎– Sonny Side Up(Verve Records ‎– MG V-8262)mono

残り1点

¥16,000 税込

送料についてはこちら

発売年:1956年 国:US アーティスト:ディジー・ガレスピー/ソニー・スティット/ソニー・ロリンズ レーベル: Verve Records ‎ スタイル: Hard Bop ブラック トランぺッター 両面深溝(Deep Groove)あり オリジナル盤 ビ・バップの巨匠ディジー・ガレスピーを中心に、ソニー・スティット、ソニー・ロリンズが白熱したテナー・バトルを展開する本作は、「明るい表通りで」「イターナル・トライアングル」「アフター・アワーズ」他収録。アルトとテナー両方の達人スティットは、ここではテナー1本で後輩ロリンズと勇猛果敢にバトルを演じる。 特にThe Eternal Triangle(A2)ではスティットとロリンズのテナー対決が延々10分以上に渡る白熱の演奏で興奮させられること必至。 収録曲: A1 On The Sunny Side Of The Street Written-By – Jimmy McHugh & Dorothy Fields A2 The Eternal Triangle Written-By – Sonny Stitt B1 After Hours Written By – Parrish, Bruce B2 I Know That You Know Written-By – O'Dea, Harbach, Youmans メンバー: Bass – Tom Bryant Drums – Charlie Persip Piano – Ray Bryant Saxophone – Sonny Rollins, Sonny Stitt Trumpet – Dizzy Gillespie Recorded on December 19th, 1957 - NY コンディション:盤 E+  ジャケット: E+(上下補修跡あり) ■コンディションの見方について <盤> N: 新品同様 -------------------------------------------------------------------- N-: ごくわずかなヘアライン(傷)が見られるが、ほとんどノイズはなし。 -------------------------------------------------------------------- E+: 見た目に多少擦り傷あるが、プレイにはほとんど問題なし。 ------------------------------------------------------------------- E: 細かいノイズが入る可能性あり。 ------------------------------------------------------------------- E-: 傷、ノイズはあるが、針飛びはなし。 -------------------------------------------------------------------- <ジャケット> N: 新品同様 -------------------------------------------------------------------- N-: ごくわずかなスレが見られるが、ほとんど傷みがない。 -------------------------------------------------------------------- E+: 少しスレがあり、軽い傷みがみられる。 ------------------------------------------------------------------- E: 若干の裂けや補修跡、しみなどがみられる。 ------------------------------------------------------------------- E-: 痛みが随所にみられる。 -------------------------------------------------------------------- 表記は試聴、目視の上、評価しています。さらに細かい状態を確認されたい方はお電話もしくはメールにてお問い合わせください。電話口にて音を実際に確認頂くことも可能です。